BOOKS

マイ・フーリッシュ・ハート

My Foolish Heart

マイ・フーリッシュ・ハート

マイ・フーリッシュ・ハート
南博

扶桑社 1,900円+税
ISBN 978-4-594-06406-8

ご購入はコチラ

My Foolish Heart

Hiroshi Minami

Fusosha Publishing Inc. 1,900yen+tax

ISBN 978-4-594-06406-8

Buy It Now


すべてはただビアノのために

日本の変貌に惑い、ライブツアーの狂騒に酔い、うつ病に苦しみ、友情に救われながら、今日もひたすらピアノを弾く。

It’s All For Piano

Perplexed by the metamorphosis of Japan, intoxicated by the frantic noise of the live tours, suffering from depression, and saved by friendship, he continues to play piano single-mindedly.

鍵盤上のU.S.A. - ジャズピアニスト・エレジー アメリカ編

My New World Through Eighty Eight

鍵盤上のU.S.A. - ジャズピアニスト・エレジー アメリカ編

鍵盤上のU.S.A. - ジャズピアニスト・エレジー アメリカ編

南博

小学館 1,900円+税

ISBN 978-4-09-387854-8

ご購入はコチラ

My New World Through Eighty Eight

Hiroshi Minami

Shogakukan 1,900 yen+tax

ISBN 978-4-09-387854-8

Buy It Now

銀座で稼いだ金を首からぶら下げて、青年は「ジャズ・カントリー」に旅立った。言葉、文化、食べ物、差別。タフでハードなアメリカの日々。

そして、すばらしい仲間との出会いと情熱的な恋。内省と感傷と爆笑と希望に満ちた、ジャズ青年のビルドゥングス・ロマン。

Just with the money he earned in Ginza, he started on a trip to the “country of jazz.” The language barrier, cultural difference, unfamiliar food, and discrimination. Hard and tough days in the United States. Then, meeting great companions and falling in passionate love. A bildungsroman of a young jazz man full of reflection, sentimentality, and laughter.

白鍵と黒鍵の間に - ピアニスト・エレジー銀座編

Between The White Key and The Black Key

白鍵と黒鍵の間に - ピアニスト・エレジー銀座編

白鍵と黒鍵の間に - ピアニスト・エレジー銀座編

南博

小学館 1,700円+税

ISBN 978-4-09-387789-3

ご購入はコチラ

Between The White Key and The Black Key

Hiroshi Minami

Shogakukan 1,700yen+tax

ISBN 978-4-09-387789-3

Buy It Now

時代はバブルのまっただ中、80年代後半。場所は日本一の歓楽街、銀座の高級クラブ。

ジャズ・ピアニストを目指す南青年は、ひょんなことから銀座の高級クラブ二軒のピアニストを掛け持ちすることになった。

海千山千のバンドマンたち。クラブのマネージャーやバーテンダー、ポーターたち。艶やかなママ、チイママ、ホステスたち。そして「ある組織」の方々をはじめとするお客たち…。

そしてある日、南青年はアメリカへのジャズ留学を決心する。ジャズ・ピアニスト南博が綴る、笑いと感動の自伝的長編エッセイ。

In the thick of the bubble era in the late 80s, at the exclusive club in Ginza, the biggest nightlife district in Japan, the young Minami who aspired to be a jazz pianist starts to play regularly at two different clubs. He meets cunning and experienced bandsmen, club managers, bartenders, porters, a glamorous mama-san, a sub-mama-san, bar hostesses, and guests including people from “the organization.”

One day, the young Minami determined to go to the United States to study jazz.

An autobiographical full-length essay full of laughter and emotion by the jazz pianist, Hiroshi Minami.

CONTACT

info@minamihiroshi.com

Top